ただ言いたいだけです。

30代の女です。主にドラマと漫画のネタバレ感想をたれ流すブログです。

「THIS IS US 36歳、これから」感想

 

【14話までの感想】

 

年始に一挙放送がありました。回を重ねるごとに面白みが増してくドラマで、久々に会ったドラマ好きな友人にもお勧めしたぐらいです。このドラマ観ていると"結婚って素晴らしい"って思わせてくれます。なんですけれどもジャックパパが本当に夫としても父親としてもパーフェクトって言葉を使いたくなるぐらい出来すぎた人で、だんだん"こんないい男いるわけねーわ!"って思えてきました。ジャックの最期のエピソードの時は号泣する自信があります。いつくるか、いつくるか!?と毎週そわそわしており、このドラマに関してはマジでネタバレ踏まないようにしてます。。ジャック亡き現在、妻レベッカはジャックの親友のミゲルと結婚しているのですが、いつ結婚したのかがすごく気になってまして、三つ子のミゲルに対する態度なんかをみるとそんなに期間置かずに再婚したのかなと勝手に想像しております。

前にも書いたんですけど米ドラマ、映画は「伴侶や恋人の友人とくっつく、浮気する」つうのが結構見られます。年始に「ウォーキング・デッド」にどハマりして現在シーズン5まできたんですがこれも主人公の妻が夫が死んだと思い込んでソッコーで親友と浮気したからドロドロ不倫劇繰り広げてて"妻、バカかよ。もう状況が状況なだけに親友野郎は死んだ方がいいんじゃないかこりゃ"と思いながら観てたら本当に死んだのでビックリしました。

 

話がずれました。で次、三つ子の話です。

 

その1 ケヴィン

なんと幼馴染みソフィーと12年前まで結婚していたという事実が13話で明かされました。オリヴィアとスローンの間でグダグダ言ってたのは何だったのよ(*´-`) いきなり元妻の家に押しかけるケヴィンですがそんなに一途な面があったとはちょっと驚きアンド見直しました。ちなみにソフィー役の綺麗な女優さん、ちょうど今見てる「ウォーキング・デッド」シーズン5でキーパーソン役してたのでソフィー出てきた時びっくりして変な声でました。美人さんです。

ジャックとレベッカは子ども3人とも同じ様に愛情持って育てていたのは色んなエピソードから伝わってくるんですが、やっぱり血の繋がらないランダルに対しては特に敏感になっていたし、それが幼いケヴィンにも伝わっていました。だからお互い思っていることをぶつけ合うシーンがとても良かったです。これ以降大人の三つ子が並んで会話しているのを見るだけでほのぼの気分にさせられてます。

 

その2 ケイト

減量合宿プログラムに参加した途端にモテているケイト。彼氏のトビーもいい奴だけど、毎回おんなじ様なことで揉めては仲直りしている印象です。合宿で口説かれた奴に案外フラ〜っと行っちゃうんじゃないかと思っております。トビーもせっかくケイトが一歩踏み出そうと合宿に参加してんのに何で押しかけちゃうかなぁ…。

そういえば現代で登場人物達がジャックのことに触れる場面がほとんど無いような気がするんですがたしかケイトはジャックパパの遺骨を持ってました。ん〜これはどういうことなんでしょ。パパが死んじゃった原因に関わってたりするかも…とあれこれ妄想します。でもパパの死がきっかけであそこまで肥満になってしまったということは分かってきました。レベッカママとの関係もあんまりうまくいってないですし、今後の思春期編がめちゃ気になります。

 

その3 ランダル

執念で探し出した生みの親ウィリアムと距離を縮めていくも実父がバイで男性の恋人がいたことにかなり動揺していたランダルにちょっと萌えてしまいました。そして娘がサラッとそのことを指摘していたことに、さすがアメリカ…と感心しました。ウィリアムの存在と居所をレベッカが知ってて黙っていたことは完全には許せないかもなぁ。あのシーンはかなりぐっときました。

ウィリアムの死期が迫ってきてランダルの精神状態が不安定になってきてますが妻のベスがサポートしてくれるんじゃないかと。この夫婦も素敵です。あと、なんというか唯一の妻子持ちってこともあるかもしれないですが、ジャックの影が一番感じられるのはランダルなんですよね…

 

あぁ〜とにかく先が気になるドラマです。

 

 

 

 

2018年冬ドラマ感想 初回編①

 

トドメの接吻

録画してとってもステキで面白い米ドラマ「THIS IS US」の後に続けて観てたら"一体私は何を見てるんだ"という気分にさせられました。ええと、妖怪と化した門脇麦ちゃんにキスされると山崎賢人くんが過去にタイムリープするという事前情報のあらすじまんまの話でした。旬の若手俳優がわんさか出てくるので彼らに引きずられてよく分からない話なんですが何とか最後まで観まして、サスペンス色強めで話が続きそうなのでちょっと続けて観てみようかと思います…あと門脇麦ちゃんの正体が少し気になるので。今後おそらくお嬢様役の新木優子さんとの恋愛も絡んでくると思われますがそこはどうでもいいかなーという感じの初回でした。

 

anone

田中裕子さんの役名が「あのね」だったと試聴後に知って、かなり重要な役なんだろうなと思いましたが、1話はまだ話が見えてこず。ポエミーな会話とモノローグ、得体のしれない施設の存在と、全体的に霧のかかったようなぼやーっとした印象を受けました。ハッキリ言っちゃうと分かりづらいの一言感想だったんですが、田中さん、阿部サダヲさんや瑛太さんらと関わっていくにつれ、多分面白くなっていくんだろうと思います。

同じ脚本家さんの「Mother」「Woman」も視聴済でしてこの二作品は1話から絶望を感じる現実感があってそこで一気に見入った記憶があるんですが、「anone」はハリカの設定も少し現実離れしてて独特な世界観にまだ入り込めなかったです。

 

◆アンナチュラ

いや〜面白かったです!話の内容もテンポ良くて見応えあったし、主役の石原さとみちゃん演じるミコト、アラサーの仕事にまい進する女性って感じで良かったです。近年は小悪魔キャラとか「シンゴジラ」「校閲ガール」みたいなキャンキャン吠えるキャラのイメージが強かったので。個人的にはこういう落ち着いたキャラの方が好きです。プライベートでは過去の事件?の影響もあるのか深いところで他人に壁作ってしまうというちょっと難しそうな役ですけど、とにかく好感の持てる主人公でした。一話完結ですけどいくつか伏線がちりばめられており、今後どう回収されていくのか楽しみです。主題歌もいい!

 

女子的生活

志尊淳くんの美脚だけでも一見の価値あるドラマ。男として生まれたけど心は女の子で恋愛対象は可愛い女の子のみきという役。みきの観察眼が冴えててそこが面白いです。女子的戦闘能力が高すぎて2話からはすでにトランスジェンダーということをあんまり意識せずに観てましたが、所々でみきが抱える生きづらさを垣間見るシーンもあります。ゆい役の小芝風花ちゃんが個人的にヒットしてます。

 

 

2017年秋ドラマ感想 最終回編

年末は毎年あんまり楽しみな番組が無くて、今年はスターウォーズに手を出そうか迷ってます。先週まで金曜ロードショーでやってたので観ようと思ってたんですけど、1週目にやってたエピソード5がどうにもよく分からんくてほんの少しイラ…ってなりまして、結局6も7も観ませんでした。やっぱり制作された順に観た方が良さそうです、エピソード4ですね。大晦日は紅白とガキ使を行ったり来たりすると思います。

 

おんな城主 直虎

別記事で書こうかと思ってたんですけど、うまくまとまらないのでここに書きますが、本当に素晴らしく面白かったです。旅行で龍潭寺にも行ってきましたよ。制作に関わった全ての人達にありがとうと言いたいです。来年から菅田直政主役で続き見たいなって思いましたぞ。役者さん達全員好き…ってなるドラマだったんですが、終盤は井之脇海くんの万福役に超萌えてました。この作品で大河ドラマアレルギーが治ったので「西郷どん」も見る予定です。

  

監獄のお姫さま

あんな証拠になる場面を動画で撮ってたとは吾郎はどんだけマヌケで警察もやる気なさ過ぎじゃ。のぶりんの活躍で一発逆転ホームランに成功したおばさん達、おばさんやればできるっちゅうのをみせつけてくれました。いやー正直何が言いたかったのかよく分からんドラマだった感は多少あり、批評レビューみたいなの読むとえっそうだった?そんな深いこと考えるドラマだった!?ってなるんですけど毎週楽しく鑑賞してました。ラストで"2人のお母さん"と手を繋ぐ勇介が見れて良かったです。

 

刑事ゆがみ

最後はしんみりした感じで終わりそうと思いきやいつもの掛け合いで締めてくれました。刑事ドラマかなり久しぶりに最後まで観ましたね…このコンビはまたスペシャル版なんかで復活してほしいです。山本美月さんの役、最後まで謎が多かったなぁ〜昔の事件後の生活とかあの前髪とか。神木くんはこれからは学生役卒業してどんどん社会人役やってほしいです。

 

コウノドリ

前回からの出生前診断回はちょっと個人的に思うところが色々ありまして見るのに勇気がいる内容でした。ずーんと気持ちが沈む話だったんですけど、最終回本当に良かったです。障害のある子ども達を何人か知っているんですが子どもはみんなかわいいです。かわいいだけで子育てはできない厳しい現実があるのも分かるんですけど、それでも生まれてきてくれて、おめでとうという思いでみんなで子どもを育てていくような世の中になっていってほしい、なんてことをぼんやり思いました。

  

オトナ高校 スピンオフ 〜炎上のチェリークリスマス〜

さくら先生が拉致られてテロに巻き込まれたと信じたオトナ高校のメンツがクリスマスに救出劇という名の茶番劇を繰り広げてました。もうさくら先生はチェリート君をいじって面白がっているとしか思えません笑。そしてチェリートよ、やらせてくれとぶちまけた後であんなメール送ってたのかい〜〜。変に高いプライドは相変わらずですが私も年々イベントに対するモチベーションがかなり下がっているので彼のクリスマスに対する思いには同感しましたよ。オチも安定のチェリートぶりを見せつけてくれて安心しました。

 

アシガール

同枠の前作ドラマ「みをつくし料理帖」といいこの「アシガール」といいなかなか良いドラマだけに続編を期待してしまいます。「アシガール」、ドラマの終わり方は含みを持たせる形でしたが何せ原作は未完結ですので上手く着地したなという印象です。黒島結菜ちゃんも健太郎くんもまた他作品で見てみたいと思いました。タイムスリップものは結末のパターンが絞られると思うんですが、原作者さんはこの話を結末から思いついたそうなので漫画の方はかなり気になってます。