ただ言いたいだけです。

十数年ぶりに漫画熱が復活した昭和生まれ。主にドラマと漫画のネタバレありのスカスカな感想をたれ流すブログです。

漫画「ゼウスの手」感想 登場人物皆犯罪者のSFアクション

 

ゼウスの手(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

花月仁さん作「ゼウスの手」感想です。現代の日本が崩壊していく話が好きなのです。2巻まで読んだ時、ああああーーーこりゃ先が楽しみだ!そのうち爆発してメディア化狙えるんでは!?と思っていたのですが、3巻で完結してしまいました…面白かったんですけど…。終末世界の話読んでいると早くこれが現実になってほしい、と中二も真っ青な感想抱いてしまうのですが、主人公の少年たちと同様、マジで訳が分からない!となりながらもワクワクさせてくれました。

 

あらすじ

主人公の少年が殺人犯して少年院に入ってみたら巨大唇が登場、知らないオッサンから「ゼウスの手」(スマホに手がついた感じのもの)というアイテムを入手します。他の少年達と脱走して強盗したり適当に遊んでいたらいきなり巨体生物(作中では神)の登場で大ピンチだ!

 

全3巻の感想

巨大唇って何やって感じですが、巨大唇としか言いようがない。ゼウスの手はドラえもんの四次元ポケットにあたるもので、唇はどこでもドアみたいなものです。どんな目的で造られたか不明なままでしたが、全知全能のゼウスの手を狙う12の神達が人間を操って橋本環奈ちゃんの有名なポーズキメたり人間を木にしたり輪切りにしたりと渋谷で大暴れします。グロ描写結構キツいかもしれないですけど、絵がすごく綺麗なので非常に読み易かったです。たまに挟まれるギャグも私は好きな感じでした。

 

主人公の百鬼(なきり)少年率いる少年院軍団、死刑囚、ヤクザ達が神と戦うわけですがまあ犯罪者しか出てこない。犯罪者が神達を倒して世界を救う、という訳でもなく百鬼に関して言えばとにかく金、金、金。でも傍観してたら殺されるのでとりあえずバケモノ倒してから金を狙うという正義のせの字も出てこない世界観が非常に良かったです。

 

百鬼少年が神達だけでなく人間もバンバン殺していくのですが(少年院にいた理由も殺人)まあきっと複雑なバックグラウンド持ってる子なんだろうなと推察はしてたものの、重病人の妹が出てきたのにはあまりにもテンプレ過ぎると思えてしまいました…そりゃ金必要よな…。ラストも神と一体化?して消えるというめちゃくちゃ消化不良な終わり方でした。いや事情は何となく察しますけども、だって神も全部出てないし、ゼウスの手以外のパーツも集めるつもりだったんじゃ?正にこれからって感じのところで。

やっぱり面白いと思った作品はどんどん広まって欲しいですけど、難しいよなーーー色々、と複雑な気持ちになってしまうのでありました。

 

 

 

この漫画が完結するまで死ねない。CLAMP「X」

 

私待ってるんですけど

 

私待ってるんですけど…

 

 

 

私、いつまで待てばいい?

 

完結を見届けると決めている漫画は結構あるのですが、数ある作品の中で特に意味も無く勝手に絞るならば、今の私の「この漫画が完結するまで死ねない」四天王は、

 

・X

ベルセルク

・キングダム

ゴールデンカムイ

 

キングダムは軽く100巻は超えていきそうですけど、婆さんになって老眼と戦いながら読みます。「X」以外は私が生きている間に何となく完結しそう(いや、どうだろう)なのであんまり心配してないです。

 

CLAMP作品は、本屋で「聖伝-RG VEDA-」の美麗な絵に惹かれて読んだのが出会いだった気がします。そこからちょこちょこと他の作品に手を出し、全てを読んでいるわけではないですが、当時の私にとって一番強烈で何度も読み返したのが、「X」です。まあ今読んでもめちゃくちゃ面白いんですけども。あの異彩を放つ表紙(本屋で一発で見つかるのが良かった)次は何色かなーーと楽しみに待ち続けて気づいたら17年。17年…?1200万部も売れているのに読んでいる人に出会ったことないので、この世で待ち続けているのはもしや私だけ…?となっています。

 

いや、大分盛って書きました、本当は10年ぐらい忘れてました。でも本当に待ってます。

当時は本当に頭がアレだったので、半分本気で東京には結界が張られていると思っていたし、国会議事堂の地下には夢見のような人がいるに違いないと思っていました。

もしかしたら今からでも読んでみようかなと思ったお若い方がいるかもしれないので書いておきます。東京BABYLON」は事前履修必須です(老害の文章)。

 

私は漫画ファンなので漫画で続きが見たいと思っていたのですが、TVアニメ「どろろ」のリメイクのうまさと未完の原作を見事に完結した物語として見せてもらって感動したので、別メディアでも何かしらの形で完結が見れれば…と願っております。当時のアニメは観てないので近々観てみようかという気にはなっているのですが。

  

以前、「ガラスの仮面」の作者さんがTV番組に出演されているのを母と視聴した際、母が早く最後を描いてほしいよね〜と言ってて。その時はそうだね〜と適当に流しましたが、番組内でも創作の過程での苦悩が伝わってきたし、他の作品でも世のクリエイターさん達が心血注いで生み出しているのを早く描いて〜と騒ぐのもなんだかな、と。まあガラスの仮面に至ってはファンの年齢層を考えると完結まで生きているのか、が現実に迫ってきていると思うので、母も大分熱は低いものの完結するなら読みたいと漏らしていたので、静かに待ってます。私は速水氏の顛末だけ知りたいって感じですが…。

 

 

とにかく私はいつまでも「X」を待ってるぞ…

 

 

X(1) (あすかコミックス)

X(1) (あすかコミックス)

 

 

 

 

漫画「違国日記」感想 フライド・グリーン・トマトを観てみた。

 

違国日記(1) (FEEL COMICS swing)

ヤマシタトモコさん作「違国日記」感想です。普段心のどこかでそう思っているけどあえてそれを表に出さないこととかがわーーっと描いてあって、そうそうそうだよなあ…と思いながら読みました。登場人物達のやりとりがこんなにもスーっと沁みるように入ってくる作品はなかなか無いです。巷の色んなランキングに食い込むのも納得の作品でした。

 

あらすじ

小説家の35才・高代槙生が姪の朝(15)を引き取り一緒に暮らし始める話。

 

4巻までの感想

この漫画、特にどでかい出来事が起こるわけでもなく、日常の些細なハプニングを通して二人と周りの人物たちとの交流が淡々と続くわけですが、どこが面白いかと言われると非常に説明しづらい。

慎生さんと朝ちゃんは叔母と姪ですが、交流が全然無かった為ほぼ他人と言っても良い関係から同居がスタートします。慎生さんがめっちゃ素の「大人」をさらけ出すので朝ちゃんはその姿に戸惑い感じながらも色々影響受けていく様子が良いです。慎生さんにも言えることですが。

 

人と暮らすって疲れること沢山あります。他人はもちろん血の繋がった家族でも。以前、友人達と一旦実家を出て自分の生活スタイルが確立されてくるともう実の親でも同居キツイってなっちゃうよね〜という話が出まして、私だけじゃないんだなそう思うの…となりました。特に私は槙生さんと同様、一人の時間が無いとだめなタイプで、その時間で息抜きしながら何とか生活保てている部分があります。

何もかもが合う人なんてこの世にはいないので、言っても無駄だから諦めてストレス抱えながら暮らすか(世のほとんどの家庭がそんなもんじゃないの?と思ってしまう)、勇気を振り絞って歩み寄るか…。歩み寄った結果が上手くいくとは限らないですけども、槙生さんと朝ちゃんのやりとりを見ていると何となく救われる気分になります。

 

個人的にウッッとなったのは朝ちゃんが、なんで今掃除しないの?なんでそんな簡単なことできないの?って慎生さんに詰め寄って言い合いになる場面(朝ちゃんはしっかり者です)。掃除以外でも何でも当てはまりますこれは。でも槙生さんは不器用なところが沢山あるかもしれないですけど、相手が誰でも仮面をつけないところが非常に魅力的に映ります。

 

戦闘力53万が通じないとは…もうそういう時代なのか。。朝ちゃんには「マッドマックス 怒りのデスロード」(誰が観ても面白いビジュアル系脳筋映画だと思っていますけど…)を、悩めるえみりちゃんには「フライド・グリーン・トマト」を勧める槙生さん。「フライド・グリーン・トマト」は全く知らない映画だったので思わずレンタルしてしまったのですがこれえみりちゃんにすっごく響くだろうな…という映画でした。友情を超えた何かで繋がった女二人と何にも楽しくない結婚生活を送る更年期障害に悩む主婦…そしてDV差別野郎をぶっ殺して食うというマジかよ!なゾワっとなるシーンもあります面白かったです。

 

えみりちゃんの母は本当にどこにでもいるようなお母さんで、娘にはいずれ結婚して子供産んで…という人生を送って欲しいと思っていて。私の世代はそれが当たり前のことのように育てられて疑問すら持たなかったですけど、槙生さんのようなことを言える大人ってなかなかいないよな、と。とにかく色々考えてしまいました。朝ちゃんの亡くなった母も一面からでは分からなかった姿がもっと見えてくるのか…次巻も楽しみです。