ただ言いたいだけです。

十数年ぶりに漫画熱が復活した昭和生まれ。主にドラマと漫画のネタバレ感想をたれ流すブログです。

BL漫画超初心者が選ぶ面白かったBがLしてる漫画たち

 

十数年振りに漫画熱が復活してぼちぼち読み始めたものの好みのジャンルばかり選んでたのでちょっと範囲広げてみようかと思い気合い入れて今まで敬遠していたものにも少しずつ手を出し始めました。長編ものとかファンタジーものとかヤクザものとかBLです。新規に手を出す前に「宇宙兄弟」とか「ちはやふる」とかかなり前で止まってるものも結構あるので早よ読めやって自分で思うんですけどもう完結してからにしよう、と。年取ってくると色々追うにも体力・精神力が必要になってくるんだなと実感…興味あるものは沢山あるんですけども。

 

でも「ベルセルク」に手を出したのは早まったかもしれないです。あの世界観に圧倒されながらちょっとずつ読んでるのですが、え…これ私死ぬまでに完結するのか本気で心配になってきました。

 

あとは「ザ・ファブル」とか。これも超面白い。これ読んで少し自分のキャパが広がった感じがします(なんだそれ)

 

 

で、BLに関しては初心者にはうってつけの中村明日美子さんの「同級生」シリーズから入り、とりあえず巷のランキング上位でよく見る作品を絵柄が好みという点でいくつか選んで読んでみたらめったくそ面白い作品が山ほど埋まってるジャンルだと気づきました。読んだ数は全然少ないですが個人的に好みで面白いんじゃ!ってものを10作挙げるならこんな感じです。

 

 

 

「同級生」シリーズ   (中村明日美子さん)

同級生 (EDGE COMIX)

同級生 (EDGE COMIX)

 

感想

いや少女漫画やん。もう大分心が枯れてきているので少女漫画にときめくなんてことはほぼ無いのに、可愛い男の子2人が少女漫画してるーーー!ってだけでめっちゃ萌えるしこんなワード使いたくないけど言います、きゅんきゅんするものなんだ…と目から鱗の作品でした。そのうちアニメ映画も見たいなと思っております。

 

 

 

★「ひだまりが聴こえる」シリーズ   (文乃ゆきさん)

ひだまりが聴こえる (Canna Comics)

ひだまりが聴こえる (Canna Comics)

 

感想

続編の「幸福論」、「リミット」では、主人公のお相手・太一が就職したことで一気に作品の世界が広がってきました。主人公は難聴を抱える大学生・航平。これはBLの枠を超えて沢山の人に知ってもらいたい漫画。障害を抱えながら生きること、周りのサポートとか社会の現状なんかも考えさせられるヒューマンドラマでもあるような。で、恋愛の方もすこーしずつ進んでいるのですが、太一がハグとかキスとかされた時のテンパり具合がとにかく新鮮で120点の反応見せてくれてます。頼むから幸せになって。

 

 

 

 ★「どうしても触れたくない」「それでも、やさしい恋をする」  (ヨネダコウさん)

どうしても触れたくない (HertZ&CRAFT)

どうしても触れたくない (HertZ&CRAFT)

 
それでも、やさしい恋をする (H&C Comics/CRAFTシリーズ)

それでも、やさしい恋をする (H&C Comics/CRAFTシリーズ)

 

感想

「それでも、やさしい恋をする」の方は「どうしても触れたくない」のスピンオフです。スピンオフの方を先に読んでしまったんですが、どちらもリーマンBL最高じゃんか…え…なんで私今まで読まずに生きてこれたの…って思わせてくれた作品です。二作品ともゲイがノンケを好きになる話なんですけど(外川さんはバイ?)、  ゲイのお二方の葛藤が読んでてこっちまでく、苦しい〜〜。苦しい〜。「それでも〜」は、ノンケの子が自分と全く違うタイプの遠い人の方が恋愛に発展するんじゃないか的な発言しといて、気の合う友達だと思っていた人を好きになるわけです。「どうしても〜」は、ゲイの子がひたすら可愛い…。

 

 

 

★「NightS」  (ヨネダコウさん)

NightS (ビーボーイコミックスデラックス)

NightS (ビーボーイコミックスデラックス)

 

感想

短編集で、一番推したいのが最後に入っている「リプライ」の話。主人公の関くんは多分ゲイではないんですけど、思いがけず同僚の人を好きになってしまい…という話で、ふと思ったのが、学生時代気の合う仲良くしてた友達に彼氏出来たり他の人と仲良くなったりすると寂しくて嫉妬のような感情に悩まされた経験があるんですけど、アレ何だったんだろう、と。あのよく分からない感情の延長に恋愛への発展もあり得るかもなあ…というようなことをぼんやり思いながら読みました。いやそれにしてもヨネダコウさんが描くリーマンはけしからんということは分かりました。可愛いすぎる。

 

 

 

★「グッドバイライラック」 (ゆき林檎さん)

グッドバイライラック (HertZ&CRAFT)

グッドバイライラック (HertZ&CRAFT)

 

感想

まず、ゆき林檎さんの絵がどストライク。非BLの「西荻窪ランスルー」が面白かったので他の作品も気になりまして。高校教師と元教え子の話なんですが、先生がどんどんほだされていく様子がすごく良かったのです。俺のこと好きですかって聞かれた時の先生の返しが最高でした。始まりは、いわゆる恋愛の"好き"とは少し違うかもしれなかったけれど…こういうのも恋愛の一つの形だなと思った作品です。

 

 

 

★「花は咲くか」  (日高ショーコさん)

花は咲くか (1) (バーズコミックス ルチルコレクション)

花は咲くか (1) (バーズコミックス ルチルコレクション)

 

感想

言いたいのは日高ショーコさんの長編ものは、BがLしてなくても十分面白いのにBがLなんかするもんだからもう降参しました。「憂鬱な朝」も良かったですけど、こちらの現代リーマンと大学生のカップルをピックアップしたいと思います。疲弊しきった30代後半リーマンの心情が沁みました…。同じ作者さんの「初恋のあとさき」もそうなんですけど、立場は違っても、生活に大きな不満はないも息が詰まるあのどうしようもない感覚を表現するのが上手すぎてため息が出ます。大学生達との交流を通しておっさんが色々奮闘します。絵も美しいです。

 

 

 

★「飴色パラドックス」  (夏目イサクさん)

飴色パラドックス(1) (ディアプラス・コミックス)

飴色パラドックス(1) (ディアプラス・コミックス)

 

感想

BLのコメディもので初めて面白いと思った漫画です。いわゆるケンカップルっちゅうやつです。相手が男だから〜と悩む描写はほぼ無く、本当に言い合いばっかしてる同僚なのにめちゃめちゃ恋愛の甘い雰囲気になるやんかこの人たち。びっくりするわ。今4巻まで出てるのですが面白いので10巻ぐらいまで続いて欲しいです。

 

 

 

「俺と上司の恋の話」 「俺と部下の恋の先」「俺と彼氏の恋の果て」(ナナメグリさん) 

俺と上司の恋の話 (花恋)

俺と上司の恋の話 (花恋)

 

感想

三部作のシリーズです。タイトルのセンスが良いです。これは先輩後輩のリーマンカップル(会社公認の)なんですけど、最初はコメディっぽいノリなのにどんどん苦しくなってきます。ゲイの先輩があまり思っていることを言えない自分を抑えちゃうタイプで後輩が包容力もあって優しいけど時にはグイグイいく、そんで先輩の不安な気持ちを汲み取ってくれる爆イケ男で、作中結構すれ違うし仕事がらみのしんどいエピソードとかあったりして。先輩可愛い…つ、辛…あー良かった…え、また辛い…早くほっこりさせてー!!てな感じ。恋の果ての話まで読んだ時はホッとしました。

 

 

 

★「君は夏のなか」  (古矢渚さん)

君は夏のなか (IDコミックス gateauコミックス)

君は夏のなか (IDコミックス gateauコミックス)

 

感想

映画が趣味という高校生二人の青春ものです。絵も可愛いらしく、爽やかな夏が似合うお二人でした。こういうある意味少女漫画チックな内容のものを読むと、これ片方が女だったら同じ感想持つかな?と頭によぎるのですが…いや男女だったら多分印象に残らないなという結論に至ります。

 

 

 

★「気まぐれなジャガー」   (ウノハナさん)

感想

どえええええ。な に こ れ面白過ぎて腰抜かしました。直近で読んだ中でぶっちぎりの優勝。音楽雑誌編集と天才ミュージシャンの美形カップルです。美形なんです(重要なので)。これBL要素無しでも私の中の漫画ランキング上位獲れるってぐらいドラマが熱い作品じゃないかと。最初ミュージシャンの子が、あーはいはいワンコねって感じでそこまで惹かれる感じではなかったんですが、二人の学生時代の回想パート読んでもう無理ダメ…一気に落ちました。編集者の彼もミュージシャン目指してたんですけど、ワンコの圧倒的才能を目の当たりにして。でもワンコを愛しているから離れることは出来ず、別の形で音楽に関わる道に進む決心をするところで彼の器のでかさと優しさに心で泣いてました。バンドメンバーも魅力的なキャラがいて面白いです。早く3巻が読みたい。