ただ言いたいだけです。

30代の女です。主にドラマと漫画のネタバレ感想をたれ流すブログです。

2018年夏ドラマ感想 中盤編 ぎぼむす本当に面白いです。

 

義母と娘のブルース

良一パパ、死ぬと分かってても、死なないで〜と本気で思う程竹野内豊さん、素晴らしかったです。綾瀬はるかさんはロボ演技といっても感情がすごく伝わってきてどんどん頼もしいお母さんになっていくし、子役みゆきちゃんも健気で本当に可愛らしかったです。高校生編がスタートし、みゆきも大樹も子役時代から全く違和感無く見れて、後半も楽しみです。小学生時代の丁寧な描写や高校生みゆきを見て、みゆきがその後亜希子さんに大切に育てられてきたかが分かります。

井之脇海くんの大樹、男前過ぎだろ!キャスティングしてくれた人どうもありがとうございます。佐藤健も最高です。

幸せは小さな奇跡が積み重なっているということを見せてくれる物語にもほっこりさせられてます。クスッと笑えるコメディ部分も好きです。気づけば今期、一番ハマっているドラマです。

  

高嶺の花

よくわかんねぇ…(´ε` )と思いながらも何となく見てしまってます。ももは、境遇に同情するところは1ミリぐらいはあるものの単に自分に酔ってるメンヘラ女にしか見えなくて、これは石原さとみさんの演技によるところが大きいと思ってます。直人もイマイチ掴めないキャラで、あえてそういう風に見せているのか分からないですけど、達観して良いこと言っているように見えていやいや大したこと言ってないよね〜そして回想で母親が話す内容がかなりキモいと思ってしまう自分がいます。

公式は純愛エンターテイメントっつってんだからその純愛面をもっと見せてくれと思うんですけど、初回の朝ごはんのシーンが自分の中でピークでそれ以降イメージ転がり落ちています。どこが純愛やのさ。視聴率なんて視聴側からすればどうでもいいし普段あんまり気にしてないですけど、こりゃ取れねえわ(`・ω・´)  って思っちゃったり。ちなみに私は6話で、結婚式行く途中みんながバスで童謡歌い出した時、このドラマの行く末が更に心配になってきました。

7話で引きこもり少年が隠し撮りしてた女の子、スナックママの娘ってことに気づいたんですけど、この繋がりで引きこもりからの再生とかあるんでしょうか…まあ…正直興味無いけど…。

元婚約者が犯罪に走り出したけど、どいつもこいつも皆病んでるしこの支離滅裂展開どう収拾つけるのか…一番まともに見えるのがコスプレ娘。あと、主役二人よりばーちーと芳根京子ちゃんを見届けようという気持ちが湧いてきてます。。

 

グッド・ドクター

医療ドラマあるあるの病院の経営危機に興味は全く無いので湊がそのゴタゴタに巻き込まれるんじゃなくて、自閉症の特性の難しい部分と能力発揮出来る部分に絞った話が見たいです。あとは周りのスタッフのあからさまな態度は何かなあ〜ドラマと分かっててもモヤっとしました。そういう描き方じゃなくても見せれるよね…と上から目線で思っちゃったり。山崎賢人くんも素晴らしいけど、上野樹里さんが癒しになりつつあるドラマです。

 

★チア☆ダン

部活ものはド真ん中の青春を見せてくれれば満足です。太郎先生の怪我が思ったより重傷だったのは意外でしたがメンバーも増え、廃部危機を乗り越え、とここまでは予想通り。後半は踊って踊って踊りまくる回とかあれば楽しそうだなと思います。みんな可愛い!主題歌も良い!

 

★透明なゆりかご

毎回主題歌が流れると涙が出てきます。内容も素晴らしいんですけど、劇伴やCHARAの主題歌がものすごく泣かせにくるのです。。毎回アオイの妄想?想像?シーンが入るところも、希望的なものが入り混じっているんですがそうだったら良いよねと思わずにいられません。ゲスト俳優さんも毎回全員もの凄い演技見せてくれてます。

今まで内容が重そうで敬遠していた原作漫画も思わず既刊全部読みました。色々衝撃的なエピソードが出てくるしショッキングな内容もほんわかした絵柄のおかげで落ち着いて読めました。ドラマがどこまでやるのか興味あります。

 

dele

主役二人はさすがとしか言いようがないです。二人が色々調査して判明した事実に無理に突っ込まないというか、依頼者の思いを汲んでそれ以外のことはしないというスタンスが徹底されていて毎回余韻の残る終わり方も好きです。

 

ヒモメン

ゆり子は翔ちゃんに就職させるよりも家事を徹底的に叩き込んだ方がいいんじゃ?もうドアホ過ぎて手に負えない翔ちゃんだけどゆり子一筋であるというストロングポイントがあればもういいじゃないかという気になってきました。窪田正孝、おそろしい子…。 今期はシリアスなドラマが多いのでもう頭空っぽで観れるバカコメディに何となくホッとするのであります。

 

この世界の片隅に 

すずさんの恋心やリンに対する複雑な気持ちが結構ストレートに表現されている印象で、可愛いなと思いました。ご近所さんとの交流場面も微笑ましいです、こういった部分は映画版はあんまり無かったような気がするので。空襲も激しくなってくる中で淡々と日常生活を送る様子は、実写で見ると恐ろしさが増します。この先の展開は知っていてもやっぱり辛い。

それにしても榮倉奈々さんの役、中盤まで引っ張って、(すずさんの娘と)ただ偶然知り合っただけかーい。古民家カフェね…やっぱりまだ現代編要るの?という感想は変わりません。