ただ言いたいだけです。

十数年ぶりに漫画熱が復活した昭和生まれ。主にドラマと漫画のネタバレ感想をたれ流すブログです。

2018年春ドラマ感想 最終回編 恋愛ドラマは最終回で海外に飛ばされる。

今期ドラマは、30分枠ドラマが結構お気に入りのものがありました。新しく始まった向井理さんのドラマ「そろばん侍 風の市兵衛」もなかなか面白いです。

 

ちょっと色々アレな感想もありますが、個人の感想ですので。

 

◆コンフィデンスマンJP

時系列の件、わーやられた。。て感じでした。小並みの感想ですが面白かったです。終盤の家族やスポーツの感動路線気味な話が続いて、からの最終回の3人の過去の話も嘘か本当か分からない話も個人的には"ま、何でもいいや"で片付くノリが良かったです。ボクちゃんがやっぱりいい味出していたなと思いました。

 

◆シグナル

桜井さんがあまりにもしれっと生き返ったので、面白くなっていくかなと思ったんですが、結局事件関係者はほとんど救えずに終わってしまいました…おいおい、何のための通信だったんよ、と。兄貴救えないなら、せめてレイプ犯が捕まった(と信じたい)ところ触れてほしかったです。私は三枝が目を覚ました時、上司として登場する大山をラストで見たかったんじゃ。こんな、考える余地無しの悪の事件描いといて最後ふんわりさせられてもえぇ~.…以外の言葉が出なかったです。。元の韓国版とほぼ同じらしいですが、スッキリしねぇ!!

 

◆デイジー・ラック

金曜の夜にゆる~くふわ~っと見る分には良かったと思うんですけど、最近私の心が狭いので色々オイ!と突っ込んでしまう自分がいました。私は、どのカップルというより薫と貴大の姉弟コンビが好きでした。夏菜さんの仕事バリバリだけどプライベートでは彼氏に甘えるキャラが可愛いかったです。女から見ても可愛いギャップだと思いました。

最終回直前で安芸さんの海外話が出た時は、"はぁ~~!?出たよ~~~海外"とぼやいてしまいました。恋愛ドラマの最終回で主要キャラが海外に飛ばされるの何なの。。統計とりたくなってきたぜ。あとですね、楓が安芸さんと元彼女のリエコさんを店呼び出して2人を復縁させようとするくだり、こんなことするアラサーいるか?おせっかいにも程があります。いやこういうことする小中高生、少女漫画で50回ぐらいは見たことあるし、これをやる主人公はなんだかんだで結局好きな奴とくっつくんですけど。ちなみに原作にこんなエピソードも海外行きの話も出てこないです。漫画原作だけど漫画の読みすぎじゃね?という話の運びに思ってたんと違う!って少々なりましたがまあ皆幸せになったということで結果オーライ。エンディングダンスは可愛かったです。

 

◆やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる

いじめをしていた子たちを別室登校という形で決着をつけました。いじめられていた側が転校してうやむやになるというのがおそらく現実に近いような気がするんですが、ドラマの中ぐらいはっきり決着つけてくれと思いましたので、30分ドラマとはいえ濃密で見応えあるドラマでした。神木くんの社会人役やっぱり良いです。そろそろラブコメ作品なんかでも見たいです。

 

◆宮本から君へ

最終回はまだ見れてないですが、終盤の感想。このドラマ、原作が90年代で文具業界も現代とは事情が違うにもかかわらずあまり気にならないです。え?これドラマ内でも90年代設定なのかなと思わせるぐらい現代的なツールもとことん排除しているように見えるからでしょうか。うまいなあ~と感心しております。池松くんの宮本が本当に素晴らしいです。同僚、先輩、上司にも嫌な奴がいないのでね。。「新人ががんばるお仕事ドラマ」としてはこういう地味めなドラマの方が好きなので、「重版出来!」と韓ドラリメイク版「HOPE」と並んで好きなドラマになりました。あと主題歌とオープニングが好きすぎて宮本の頭ヨシヨシしてあげたい。

追記 最終回感想

(美沙子に)よく言った宮本!!俺が酒奢ってやるよ…みたいな気分になりました。携帯がガラケーだったしやっぱ90年代でした。頑張って踏ん張ってもどうにもならないことはあるけれども…。あの宮本の表情が最高でした。周りのキャスト陣も本当に素晴らしかったの一言でございます。

 

 

 ◆ブラックペアン

最近のTBS日曜劇場枠と私の相性がとことん良くないということを改めて認識させられたドラマでした。というか、5話ぐらいから離脱して、9、10話だけ流し見したんですけど、流し見で十分でした。ツッコミドラマとして見てても色々白ける演出とセリフが多くて中途半端で面白くなかったです。渡海父の話もそんなんかよ!しか出てこない。終盤の小泉孝太郎さんのモブキャラっぷり、最後にスナイプの一言でもアピールしてくれよ!インパクトファクターしか残らなかったです。続編希望殺到?え~~~無いわ。。少なからず私と同じような感想の人はいるようで。。。

ツッコミドラマっていうのはな、市原隼人くんの「明日の君がもっと好き」つうのが非常に参考になります。