ただ言いたいだけです。

30代の女です。主にドラマと漫画のネタバレ感想をたれ流すブログです。

2018年冬ドラマ感想 最終回編

 

 ◆海月姫

そりゃ尼〜ずのみんなは元が可愛いもんよ〜〜(*´Д`*)。やー最終回良かったです。目白先生インパクトあった笑。要潤さんてなんでこんなにとぼけたイケメン役が似合うのかな〜。話の内容は置いといて、キャスティング光ってたし最後の最後で月海のかわいさにはやられました。

 

◆ きみが心に棲みついた

9話で今日子がお母さんに本音を言えたことや下着姿で歩いたことを「自分が断ればよい話だった」って言えるの大きな一歩でよく言った!ようやくか!ってなるも堀田さんと吉崎さんには今日子が星名を単に庇ったようにしか見えてないっていうのが結構リアルで良かったです。視聴者的にはもちろん全て客観的に見てるから今日子が言いたいこと分かるけど、多分堀田さんや吉崎さんのように当事者だったら分からないかもなぁ…と思いました。とは言え堀田さんが今日子が調査で言ったことを吉崎さんに伝えたのは超アウトですけどドラマ展開的にはしょうがない。吉崎さんも付き合いだしてからどんどん余裕がなくなって別れ切り出すのもまぁそうなっちゃうかもねって感じで観ておりました。

最終話は当初予想してた通りに収まりました。向井さん演じる星名に私も揺さぶられかけたんですけど、最終話見ながらやっぱり星名と今日子がくっつくなんてありえない話だなと思いました。星名も今日子への依存断ち切るには一人にならないと進めないし、死なずに生きるきっかけを今日子が作ったというエンドで私は十分でした。その先は自分で立ち直ってくれ。つまり何が言いたいかというと闇にいる向井さんは最高だったということです。ネットの感想も向井さん絶賛評が目立ってますね。同感です。

 

anone

この展開とセリフ、酔ってんな…と思った時もあれば、セリフがストレートに刺さる場面もあったし、何とも不思議なドラマでした。登場人物達が繋がるまでの過程は強引だったしハリカも中世古も玲も想像するしかない部分が多すぎたんですが(最終話の中世古の弟エピ、今このタイミングで?とは思いました)  終わり方はすっきりしててああ、よかったねと思えました。

坂元さんの作品、次はいつ見れるのか分かりませんが、コメディが見たい。犯罪がらみではない話が見たいです。 

 

アンナチュラ

1話完結ドラマだけど今までのエピソードが最終回に繋がってるの改めて野木亜紀子さんスゴイーとなりました。

あの犯人の実母による児童虐待の過去が出てきた時、ここで同情させるような過去見せつけられても困るって思ったんですがミコトがどうでもいいって言い放つのが印象に残りまして。実際、殺人事件なんかで被害者、加害者の知人のインタビューってこれ何のためにやってテレビで報道してんのかなって思うことがあって、書類偽造の件の神倉さんといい、現実世界でも言ってやりたいことをガツンと言ってくれてちょっとすっきりしました。

中堂さん、夕希子さんに会えて良かった、六郎も復帰できて良かった、神倉さんも素敵でした。ミコトと東海林の距離感が好きでした。

木林さんのスピンオフやってくれないかしら。

 

◆リピート〜運命を変える10ヶ月〜

あああ予想外の終わり方でした。わりとピンチな状況で次回大ドンデン返しとか言われるとハッピーエンドを想像してしまうんですけど、裏切られました。風間は最後は憎めなかったです。おそらくかつては救いたい人がいたんだろうなと思わせる六角さんの演技で皆運命にどうあがいても逆らえないのを確認しつつ誰かがそれを突破するのを待ってるうちに狂ってきちゃったのかな、とそんなことを感じました。鮎美がこれからリピート元メンバーを助けに行くにしても一人ではどう考えても限界あるし、天童と圭介が居ないのは痛すぎました。そしてもう鮎美と圭介の二人がホント私のツボに刺さるカップルで、久々にドラマでカップル萌えを堪能できました。今期予想外に楽しめたドラマでした。