ただ言いたいだけです。

30代の女です。主にドラマと漫画のネタバレ感想をたれ流すブログです。

2018年冬ドラマ感想 初回編②

 

海月姫

芳根京子ちゃんのオタク、想像以上にイモくさくてグッド。蔵之介は美人でした…いや男って分かりますけど(゚∀゚)。このシュールでギャグありの漫画の世界を忠実に再現しちゃうと"いやなんでよ、どーしてそうなるの"って下手すると痛さしかないかなと思ったんですがわりとすんなり見れました。尼〜ずのメンバーのキャラ再現具合はコスプレ通り越して完全に頭おかしい人達でした(一応褒めてます)。

なんていうかですね、私はファンタジーだとしても漫画の実写化って少しは現実にいるかもしれない、あるかもしれないって少しは思わせてくれるような描写を求めちゃうんですけど、この作品はそんなこと全く思わないです。どこまで徹底的に三次元化してくれるかを楽しむドラマなような気がします。だからこのまま原作ファン向けに振り切っていけばいいんじゃないんでしょうか。

ちなみに1話の後サラーっと映画版観てみましたが、尺の都合上しょうがないかもしれないですがかなり話が駆け足な印象で、あの兄弟との関係もうちょっと突っ込んでほしかったかな、と。ドラマの方が向いているんじゃないかと思います。蔵之介はですね、私は瀬戸くんの方が好みです…。

 

きみが心に棲みついた

あ…どうしようこのキョドコ、全然イライラしなかった…。もっと私をイラつかせてほしかったです。吉岡里帆ちゃんのアップ画面やめてくれ。可愛いくて話がどうでもよくなるという心配していた事案が発生してます。向井理さんの星名は結構クズ感あってムロさんが漫画家なっててドラマ「重版出来!」好きには良かった!ってなりました。桐谷健太さんの吉崎さんもこれまたイケメン枠なはずなのに思ったよりキュンの破壊力がなかったです…だって浦島太郎だし…ってのが頭から離れなかったのです…ってなんだそれ。

原作通りならこれからキョドコはもっともっと追い詰められていくはずです。いい加減にしろよと言いたくなるぐらいウジウジウジウジを繰り返し、鈴木紗理奈さんにコテンパンにやられるところが序盤の見どころだと思ってます。

学生時代のストリップネタは原作から変更されてました。ストリップも大概だと思いますが原作はもっとえげつないです。星名の過去もドラマではおそらく少し変わってるんじゃないかと。原作読んでなかったら多分1話で離脱したと思う初回でしたが吉岡里帆ちゃんがどれだけ卑屈でイライラ女を演じてくれるかを期待したいと思います。

 

BG〜身辺警護人〜

超久々に木村拓哉さん主演のドラマ視聴しました。彼のドラマはどんな職業の役を演じるかだけにスポットが当たりつつあるような気がしなくもないですが、今回はボディガードです。それにしても実生活でも父親なのに、こんなに父親役が似合わないって凄い。想像通りのヒーロー像に、話もアクションも正直物足りないという印象でした。まあ民間BGってことでアクションは期待してないですが、それよりも話が雑で。勝地くんが爆弾騒ぎ起こした経緯とか無理くり感がすごかったし、ええと斎藤工さんがネットの書き込みの件連絡して、それに対して木村さんがありがとう助かったみたいなこと言ってたけど、え?特定までしてたっけ?特に何も役にたってなかったような…?ながら見してたので見落としがあったかもですがとにかく話が雑でした。この木村さんの役、依頼のためなら法を犯すギリギリのこと平気でやるぐらいのダークな面をもつキャラの方が面白いんじゃないかなぁ、なんて思いました。

 

◆リピート〜運命を変える10ヶ月〜

 タイムスリップ/リープものは結構好きなのでなんとなく見始めました。いやこれ原作あるドラマとはいえ同じ過去に戻る系の「トドメの接吻」より数倍出来が良いと思います。原作未読なのでリピート(過去に戻る)するのが1回だけなのか分かりませんが、自分の過去を変える為に戻ったけど、

・過去と違う行動したはずなのに結果が同じになる

・一回経験してるはずなのに想定外の新たな展開になる

というようなことが起こるからこそタイムスリップものは面白いんであって、更にこのドラマもサスペンス要素あるのでどの角度から見ても「トドメの接吻」は太刀打ち出来ないと思いきや、放送局一緒じゃん…。貫地谷しほりさんと本郷奏多くんのコンビが今後モニョモニョしていきそうでそこも気になります。