ただ言いたいだけです。

30代の女です。ドラマと漫画のネタバレ感想。たまに映画とアニメ。話がよく脱線します。

気持ちが落ちた時に読み返したくなります。 漫画 「7SEEDS」 前編

f:id:mtokumako:20170829112232j:plain

田村由美さんの7SEEDS感想です。16年の連載が終わり、先日発売された35巻で完結しました。高校生の頃「BASARA」を一気読みして、これも面白かったんですけど、個人的にはこちらの作品の方が好きかもしれません。何年も前に花が川に流されるあたりまで読んでその後ずっと読んでなかったんですが、漫画熱復活した時に一気に全巻揃えました。「ワンピース」「ドラゴンボール」並みに認知されてほしい作品ですね。大大大傑作漫画だと思います。

 

あらすじ

隕石が衝突して地球が滅びるかもしれないと予測した政府のお偉いさんが「7SEEDS」プロジェクトとして選別した7人+ガイド1人のグループを5つ結成させ、冷凍保存し未来に送り出します。地球崩壊後の壊滅的な日本を舞台に各地に放り出されたチームの壮絶なサバイバルが始まる!!って感じです。

 

絵柄について

 少女漫画的な絵柄ですが好みは分かれるかもしれません。しかし1巻から魅力あるストーリーに引き込まれ絵柄はどうでもよくなります。あと、少女漫画にありがちなキャラが皆おんなじ顔をして見分けがつかないということもなく、登場人物が多いのにもかかわらず男女とも全員書き分けられている点も個人的に良いと思っています。

 

全35巻の感想

この壮大な骨太ストーリーの感想をまとめて書ける気がしないので、生き残りの全キャラクターへのコメントをもって感想とします。

 

夏Bチーム

ナツ

ダメダメな ナっちゃんを応援する為に読んでいたと言ってもよいでしょう。何でもそつなく出来てしまう子より漫画的にはこういう地味でさえなかった子が泣きながら奮闘して成長していく方が感情移入してしまいます。嵐への気持ちにふんぎりつけた時はようやくか、早く蝉丸の気持ちに気づいて欲しいなんて思いましたね。ナツ&蝉丸パートがもうちょっと読みたかったので番外編に期待しています。

まさか最終巻まで花に会えないとは思いませんでした。唯一カップルで生き残った子ですが、最後まで諦めない精神には脱帽です。この作品における少女漫画的熱血タイプヒーロー像を一気に背負った感じの子でしたが、一発芸であやとりとかしちゃう可愛い面もありました。正論を真正面から堂々と吐くキャラって"ん~ちょっと苦手かもしれん"とか思っちゃう自分ですが、嵐に関しては"いいぞ、もっと言ってやれ!"って場面が結構ありました。花と会えて良かったねぇ。

蝉丸

この子とまつりには夏B+安吾・涼だけでなく読者もかなり救われたんじゃないでしょうか。序盤は自分を守ろうとするが故のキャラだったんだな、本当の素の蝉丸が見えてくるころには大好きなキャラになってました。それにしても温室発言やら安吾を庇う時のセリフといい18歳とは思えない心理をつく漢気を随所で見せてくれました。

まつり

 唯一の底抜けに明るいキャラでした。ただのバカっぽい子に見えてナっちゃんと腹割って話すシーンとか涼へ特攻をかけるところとか、この子には適いません。まつり&涼も番外編で期待してます。

ちまき

マイペースにも程があるのはこういう人のことです。個人的には好きなキャラでした。ぜひナっちゃんの絵本に挿絵描いてほしいです。

この子の中身は20代後半のお姉さんが入っているに違いないです。巨大アリにさらわれた時点で”ここまでか”と思わせといてアリと友達になってしまうという強運の持ち主です。仮に他のキャラが死んじゃうような災害に襲われてもこの子は最期まで生き残りそうです。

この人のバックグラウンドが思ったより出てこなかったので、どうコメントしたらよいのか分かりません。花を育てていた時どういう気持ちだったんでしょう。でも、こいつ許せない、夏Aと和解する展開なんか絶対許さない、とは思ってました。くるみを助けに行くと離れた時点で最期は予測できましたね。。

牡丹

ガイドで唯一生き残ったお姉さんです。おそらく最年長になりますか。(新巻さんは事情が事情なだけに除く)読んでる時はあんまり意識してなかったですけど、生き残ったほとんどの子は20歳以下ですからね。。お姉さん的役割としていなくてはならない人でした。

 

春チーム

この子を見ていると自分がいかにダメ人間かを思い知らされる感があったので見てられない時もありました。正義感強すぎて見てられない、と言ってもいいかもしれません。おまけに美人さんだし。こんなんみんな好きになっちゃうだろ、と。こっちとしては完全にナっちゃんに感情移入してるんで、初めてナっちゃんが花に会った時に感じる卑屈っぽい感情はとっても理解できました。またそこでナっちゃんに声かける蝉丸が最高なんですけどね。でも花は自分の感情だけで突っ走ることはあっても身勝手には見えないし、人の意見を素直に聞く柔軟さもあるし、漢気もあるし、やっぱり最後には幸せになって欲しいキャラでした。

新巻さんへの気持ちが大きくなることで葛藤するところなんかは、"あー、うんうん、そうだねわかるわ新巻さんに惹かれるのも。でもダメよ!嵐が可哀想だからそれだけはやめて"なんて思ったり。

花も相当悲惨な目にあいましたけど、親が過去にしたこともひっくるめて、その上で安吾達といつか和解できたらいいと思いました。子供に責任は無いと断言できるんですけど、事情がかなり悲惨なだけにちょっと考えてしまいました。終盤この件で花が感情的にならずに冷静な姿勢を貫き通したのには読んでるこっちが救われました。

ハル

この子も成長して変化があったキャラでした。犬好きというだけで好感度80アップですよ。小瑠璃ちゃんと幸せにね・・。

角又

32巻目にして掘り下げられたキャラです。それまでほとんど一人で行動して生き抜いた強者ですが、ここでこの人の過去がこう繋がるとは!あゆとの会話は面白かったです。ひばりへの対応といい、良いお父さんになるでしょうなあ。人生相談するなら角又。

藤子

この子はちさとずっと一緒でほとんど出番が無かったですが、それでも十分キャラ立ってました。髪を切った新巻さん見たときの反応だったり鷭ちゃんを想像するところなんかは今時の若者って感じのキャラで良かったです。イケメンならさらにやる気でるからね!わかるわかる。

ちさ

本当に強い人とはこういう人かもしれません。春チームのお姉さん的役目を果たしていたんじゃないでしょうか。もうちょっとバックグラウンド的な話で掘り下げてほしかった気もします。「7SEEDS」プロジェクトで選ばれた人達は本人は知らなくてもどこかで繋がってた人達がほとんどなんだろうなあ、と。個人的には過去編がどっかで出てくると思ったんですがね。

ひばり

この子はちょいと素直じゃないというか生意気な口ききますが、まだ子供です。佐渡に入ってからは憎まれ口たたきながらメカの強さを発揮し皆を助けました。

桃太郎

とりあえず桃太がすべきことは、「ドラえもん」の素晴らしさを夏Aに伝授することじゃないでしょうか。精神年齢が高いキャラが多い中で一番年相応な子だったと思います。

 

 後編へ続く・・・

 

kansou-kumako.hatenablog.com