ただ言いたいだけです。

30代の女です。ドラマと漫画のネタバレ感想。たまに映画とアニメ。話がよく脱線します。

新海誠監督作品感想 

アニメ「心が叫びたがってるんだ。」に続いてアニメ映画の感想いきます。新海誠監督の3作品の感想です。見たの大分前で若干うろ覚えな部分ありますけど、鑑賞した順にいきます。

 

言の葉の庭 (2012)

タカオ・・・アンタ本当に15歳?ゆきちゃん出てきた時、何つう色っぽい女性を描くんだこの監督は(゜o゜)、と思いました。15歳なんてイチコロでしょう。タカオがゆきちゃんに恋をしたのは確かだけど、ゆきちゃんのタカオに対する感情って想像しかないですけど単純に言葉で説明できるようなものじゃないのかな・・・タカオに救われたのは確かですけど、結局のところどうだったんだろう、なんてぼんやり考えました。美しい背景が2人の関係をさらに切なくさせてました。最後、この後の2人がどうなるかは見る人の想像に任せる感じでほわほわ~って終わってた気がしますが、うん、これでよかったと思えるエンディングでした。

私の中で秦基博さんといえば「ひまわりの約束」じゃなくて、この「Rain」か「鱗」です。

 

君の名は。(2016)

去年、久々に映画館に見に行こう!って思いついて見に行きました。TVの紹介番組みて興味持ったんですよね。都会と田舎の男女が入れ替わるなんて、私みたいな映画館めったに行かない人でも何それ面白そう見に行きたい、と思わせる話じゃないでしょうか。

で、感想ですけど、ハマる人は本当にハマるだろうなあと。私は同じ作品繰り返して見ることってほとんど無いんですが、この「君の名は。」久々に何回でも見たいと思いました。そして、この作品に限らずやっぱり面白いと思うアニメって音楽も良いと再認識しました。

一部の人が突っ込んでるいくつかの点も私は違和感は感じなかったですね。滝と三葉が惹かれあうのも自然だと思いました。一番多いのは年数のズレに気づかないのはナゼだって指摘かもしれませんが、これも夢の中で入れ替わるということから、本人の感覚からしたら実際に起きているかもしれないけど現実感のないこと、夢は起きたら忘れますからね、そういう感覚だったら細かいところに気づかなくてもしょうがないじゃんって勝手に消化しました。あと夢って内容覚えてなくても感情は残りますよね、何か怖かった、楽しかったとか。滝と三葉はその残った感情を引きずって何年も過ごすことになりますけど、このあたりは切なくなっちゃいましたね。

ファンタジーが入ったアニメ作品でここまで引き込まれたのも久々でした。震災を思わせる劇的展開にハラハラし、でも最後には希望を見せるという点にホッとしたり色んな感情が沸き起こる作品でした。キャストの皆さんも全員良かった!個人的には長澤まさみさん演じる先輩がすんごい好きです。

 

秒速5センチメートル (2007)

見る人によっては鬱映画なんて言われてますけど、いや~う、うん刺さる人には刺さりますね多分・・・ってごめんなさい私は正直突っ込むことしか出来なかったです。貴樹、オマエどんだけこじらせてんじゃ、と。中二病も大概にしろよぉ~。

私も小、中、高と引っ越し何回かしてましてね、友達と文通もよくしてたんですけど、やっぱり続かなくなるんです。いつのまにか疎遠になってしまうんです。友達ですらそうなのに初恋の相手と連絡取り続けるなんてかなり難関です。だから貴樹が明里を思い出してもメール送れないのはまあ何となく分かる。でもほら!明里と別れてからも楽しいこととかあったでしょ?きっと。よく思い出してー。花苗ちゃんていう可愛い女の子がいつもそばにいてお前は何をしてるんだ、もっと青春しろよとカツ入れたくなりました。明里とのことが唯一の美しい思い出なんて・・・ちょっとコイツ可哀想すぎ&面倒くさすぎじゃないか。山崎まさよしさんの歌流れた時は"ああぁああぁ・・・終わってもうた"以外の感想が出てこなかったですね・・・いや~見方を変えれば面白い映画だったのかな。